「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone “iPhone”を復元できませんでした。」

先日iPhoneを6から8に機種変更したのですが、iTunesでWindowsのPCにとったバックアップを復元しようとしたら80%くらい進んだところで「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone “iPhone”を復元できませんでした。」というエラーが・・・

とりあえずPC上のこのバックアップを上書きされたらたまらないので、バックアップのフォルダを別の場所にコピーしようとしたらコピーできないファイルを発見。
どうやら一部ファイルが破損しているから復元できないようです。

 

古いiPhoneは下取りに出したのでバックアップを取り直す事もできず、 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてバックアップしていたため使えるソフトも限られるようで結構なピンチに・・・
とりあえずこの壊れたバックアップから一部データだけでも復元できないかググってそれっぽいソフトの体験版をいくつか試してみました。

1.CopyTrans Shelbee
これはiTunesと同じような復元処理しかできず途中でエラーが出て駄目でした。

2.PhoneRescue
これはなんか復元できそうな雰囲気。
SMSメッセージは駄目っぽいですが画像やLINEのトーク履歴は復元対象になっているみたいです。
でも復元のプレビューを見る感じLINEのログは一部の人とのやりとりだけっぽい・・・
価格は1PCのやつで4980円。

3.Syncios Data Recovery
これも復元できそうな雰囲気。
SMSメッセージは復元できそうだがLINEのトーク履歴は復元できないっぽい。
価格は1PCのやつで3950円。

4.EaseUS MobiSaver
これは無料って書いてあったのでこれだ!と思ってやってみたのですが、いざやってみると無料でできるのは連絡先5つまでとメディアファイル1つまでらしくそれ以上は5980円かかるって言われてガッカリ。
これもSMSメッセージは復元できそうだがLINEのトーク履歴は駄目っぽい。
価格は1PCで5980円。

SMSメッセージは消えてもいいような内容しかなかったので、とりあえずLINEが少しでも復元できそうなPhoneRescueを購入する事に。

購入後、一応復元したっぽいのですがなんかアルバムが変です。
「From PhoneRescue」というアルバムが大量にできてしかも削除できない。しかも動画が一つもない。そして今日の日付でサムネイルっぽい低解像度の画像が無数に存在して同じく消せない。なんだこりゃ。

PhoneRescueはPCに復元というボタンもあって、これはバックアップファイルを人が参照してもわかりやすい状態でPCに展開するようです。。←右下のこのボタン

この機能で復元して中身を確認したらちゃんと動画が復元できていたので動画についてはこれでOK、LINEのログは一部だけしかhtmlで復元されていませんでしたが、運よく重要なログもその中に含まれていたのでOKという事にしました。

しかしiPhone内の大量の「From PhoneRescue」っていうアルバムや大量の低解像度の画像を消すためにさらに有料ソフトがいりそうです。
まぁPCに復元した方のバックアップは使えそうなので、iPhoneにデータを移すのは諦めてiPhoneを初期化する事に。初期化したら「From PhoneRescue」というアルバム含めて不要な写真は消えました。(当たり前)

バックアップ失敗で復元不可っていうパターンもあるみたいなので携帯を下取りする時は新機種を受け取るときに渡して値引きしてもらうやり方じゃなく、移行した後にショップに持って行ってポイントに交換してもらうやり方の方がよさそうです。

iPhoneが充電中のままで起動しなくなった→温めたら起動

昨日100%近く充電されていたはずのiPhone6が突如バッテリー切れになった。
充電器をつなぐと充電マーク(空の電池みたいなマーク)が出たので、数分で起動すると思いきや全然起動しない。
結局20時間程度充電しても起動しないのでauショップに行ってみた。
買い替えを考えていたので下取りできるか聞いてみたが、「起動してかつ初期化状態になっている事」が下取りの条件らしくこのままでは下取りができないらしい。

修理するためにAppleストアに行って話をすると、「充電はできるのに起動ができないのならばバッテリーではなく、バッテリー自体ではなくバッテリーに電気を送るための部分が故障している可能性がある。この場合はバッテリー交換でも直らない。」的なと言われ不安になったが、係の人がMacに繋いであるケーブルで充電したら数秒で普通に起動した。
しかも充電100%状態で起動。
何か特別な機械で充電したのかと聞いたが普通のケーブルらしい。電源からではなくPCからの接続ならばうまくいくという状態だったのかもしれないとの事だった。
ちなみに自分はiPadも充電できると謳っている高出力なアダプタを使って充電していたが、ケーブルもアダプタもも純正ではなかったので純正ケーブルならばうまく行く等かもしれない。

■追記
今朝また同じように突然バッテリーが切れて起動しなくなったが、iPhoneがやけに冷たいのが気になって温めたら起動するのではないかと思いiPhoneをハロゲンヒーターに近づけて温めながら充電したらすぐ起動した。
昨日Appleストアに行った時は移動中ポケットに入れていて体温で温まっていたからすんなり起動できたのだろう。
寒いとバッテリーが減るのが早くなるが、寒すぎて充電スピードより減るスピードの方が早くなると充電中のまま起動しないという現象になると思われる。

HTC-ViveのVR無料体験

PC用のVRヘッドセットであるHTC-Viveは無料体験ができる場所があります。私がVRアプリを作ろうと思い立ったのは、このViveの無料体験で感動したからです。本当にその場にいるかのような没入感で、半年も前の事なのにまるで旅行の思い出のようにプレイした記憶が鮮明に残っています。近場にある方は行ってみて損はないと思います。以下のURLで場所の検索と予約ができます。

https://www.vivedemo.jp/jp/search

 

体験の際にはどのアプリを体験したいのか選ばないといけないのですが、アプリによって当たり外れがあります。

個人的にイチオシは「Serious Sam VR: The Last Hope」というやつです。

マッチョなクリーチャーがすごい勢いで突進してきたりとちょっと怖いですがこれぞVRという感じでかなり楽しいです。体験では一番簡単なTouristという難易度を選んだ方が良いと思います。

 

私が作ったiPhone向けVRゲームもよろしくお願いします。<(_ _)>
VR Game Peppy Hopper for iOS

セリアの108円VRゴーグルをセリア商品だけでハンズフリーに改造

セリアの108円VRゴーグルをセリアの108円商品だけでハンズフリーにする事に成功しました。セリアのマジックテープ商品を組み合わせるだけなので工作が苦手な方でも簡単にできると思います。

揃えるもの

1.フリーバンド

一番重要なアイテムです。マジックテープつきのゴムバンドになっています。トラベルグッズの所にありました。

 

2.マジカルテープ 粘着タイプ

シールで貼り付けられるマジックテープです。これも重要なアイテムです。手芸の所にありました。

 

3.コーナーガードテープ -赤ちゃんを危険から守る-

弾力のあるスポンジ状のシールです。これがないと装着したときに鼻が痛いです。本来は家具につける安全グッズなのでそういった物が置いてある所にあると思います。

 

4.シールフェルト2枚入

シールとして貼れるフェルトです。手芸の所にありました。セリアのVRゴーグルは額部分が油を吸ってすぐ汚れるのでそれを隠すために使います。汚れ隠しが目的のため、色は茶色や黒のように濃い目が良いと思います。ハンズフリー化と直接は関係ありません。裏が方眼紙になっているので定規としても使えます。

5.はさみ

工具系はこれだけでOKです。

手順

1.まずVRゴーグルを普通に組み立てます。組み立て手順はVRゴーグルが入った袋の裏に書いてあるのでここでは割愛します。

 

2.マジカルテープ粘着タイプを取り出し、4cmくらい切ります。定規がないならシールフェルト2枚入りの裏が方眼紙になっているのでこれで測るとよいです。白と黄色の2種類がありますが、これは意味があるので白と黄色を1枚ずつ切って下さい。

 

3.4cmくらいに切ったマジカルテープ粘着タイプをVRゴーグルの両サイドに貼ります。位置は上から1.5cm、前面から1.5cm辺りにしています。中心より少し上の方に合わせているのは他メーカーのハンズフリーVRゴーグルがそうなっていたからで深く考えていません。左右の位置さえ合っていればわりとテキトーでも良いと思います。

 

4.フリーバンドを両サイドのマジックテープに貼ります。マジックテープの硬い方と柔らかい方でくっつく相性が違うので、くっつかない場合は反対にしてみてください。手順2で両方同じ色のマジカルテープを切っていた時はここで詰みます。商品の構造上フリーバンドが半回転捻じれますがそこは我慢して下さい。

 

5.ここまでで一応ハンズフリーになりましたが、このままでは装着した時に鼻が痛いので、鼻の部分にコーナーガードテープを貼り付けてクッションにします。まず、コーナーガードテープを4cmくらい切り取って下さい。

 

6.切り取ったコーナーガードテープをVRゴーグルの鼻の部分に貼ります。3.5cm×4cmくらいになっていると思いますが、長い方をぐにゃっと曲げて鼻のラインに合わせて貼ります。

 

7.このままでは貼れないので、切り口を入れて貼ります。少し不格好ですが痛いよりはマシと割り切って我慢して下さい。

 

8.裏側も同じように切り口を入れて貼り付けます。

 

9.シールフェルトを5cm×3.5cmくらいに切って、VRゴーグルの額の部分に貼ります。この手順は別になくても良さそうですが、何も貼らないで使っていくと額の部分がどんどん黒ずんでくるので貼った方が良いと思います。

 

10.これで完成です。工作は苦手なので改善ポイントは多々あると思います。コメント大歓迎です。

ブログはじめました

初めてのアプリを公開して半月、公開するだけじゃあまりダウンロードされないという事がわかったのでブログを始める事にしました。
よろしくお願いします。